公益財団法人 青井奨学会
文字サイズ 標準 拡大
事業案内
事業内容

「社会に有為な人材を送り出したい」という創立者の想いを受け継ぎ、奨学金の給付による経済的な支援だけでなく、奨学生同志(卒業生も含む)の切磋琢磨、交流・コミュニケーションに役立つ場の提供や支援事業を行っています。



新奨学生を対象に、友人づくり、同窓生としてのコミュニケーション等を組み込んだプログラムのガイダンスを丸井グループ本社(東京都・中野区)にて開催しています。





丸井研修センター(東京都・小平市)にて、毎年1回大学奨学生全員を対象とした奨学生集会を開催しています。また、卒業生による同窓会組織を設立し、昭和60(1985)年より年1回同窓会を開催しておりましたが、平成24(2012)年度第23回同窓会から、奨学生集会と同時開催しています。当日は理事長講話、卒業生による就職や仕事に対する相談、奨学生同志の情報交換、懇親パーティー等で交流促進を図っています。





青井奨学会報を年2回(7月、12月)発行しています。会報は、奨学生と卒業生の寄稿を中心に編集し、奨学生や卒業生との情報交換の場を提供するため、奨学生だけでなく、卒業生にも配付しております。



毎年3月に奨学生全員に年次報告書(奨学金給付継続申請書)及び成績表の提出を義務付けるとともに、学業や生活等に問題がある場合には、学校事務局とも連携し、指導・バックアップを行っております。


当財団の卒業生からなる「青井奨学会同窓会」は、「社会に有為な人材の育成に寄与する」という財団創立者の意思を受け、「青井奨学会進路相談サポート」を立ち上げました。
奨学生集会以外でも、現役奨学生が同窓生に卒業後の進路や就職活動等について、メールで個別に相談できるしくみとなっています。

<進路相談サポートのしくみ>











交流・絆づくり支援事業