公益財団法人 青井奨学会
文字サイズ 標準 拡大
事業案内
事業内容
奨学金給付事業 青井奨学会の設立趣旨に基づき、家計の状況等により進学や修学が困難な優秀な学生を対象として、将来の日本を担う人材、社会に有為な人材の育成に寄与することを目的に、公益目的事業の柱として、大学生・高校生を対象とした奨学金の給付事業を行っています。2012(平成24)年度より高校3年時予約方式による「大学生給付奨学金」制度を新しく導入しました。
大学給付奨学金(高校3年時予約) 2013(平成25)年4月大学入学予定者に対し、2012(平成24)年11月に予約選考を行いました。指定国・公立高校から選抜され、学校長から推薦された奨学生候補者を対象に、家計状況、成績評価、作文評価等の書類選考を基に、当財団選考委員会において、14名の内定者及び6名の補欠者を選考しました。2013(平成25)年4月に、内定者及び補欠者の内、当財団指定大学に合格した13名を奨学生として正式採用しました。2014(平成26)年4月には新制度に基づく第2期生として20名を、2015(平成27)年4月には第3期生として19名、2016(平成28)年4月には第4期生として22名を正式採用しています。



(1)入学一時金は 300,000円(入学後給付)です。
(2)奨学金給付金額は月額 50,000円です。
  ※当財団の奨学金は、特別の場合を除いて返済の義務はありません。
  ※他の奨学金との併給は、日本学生支援機構並びに入学した大学の
   授業料免除等の学内奨学金の併用は認めます。
(3)給付期間は、入学する大学・学部の正規最短就学期間(最長6年間)とします。
   ただし、当財団の規程に照らし合わせて、奨学生として相応しくないと判断
   された場合には、奨学金の給付を中止し、場合によっては既に給付した
   奨学金を返還していただくことがあります。


<平成24年度指定公立高校>※対象となる高校は、当財団の指定によります。
 ・国立高校(4校)
 筑波大学付属駒場高校 お茶の水女子大学付属高校 筑波大学付属高校
 東京学芸大学付属高校
 ・東京都立高校(9校)
 日比谷高校   西高校   戸山高校   国立高校
 八王子東高校  立川高校  新宿高校  青山高校  国分寺高校
 ・神奈川県立高校(12校)
 横浜翠嵐高校  湘南高校  柏陽高校  川和高校  横浜緑ヶ丘高校
 希望ヶ丘高校  相模原高校  小田原高校  光陵高校  横須賀高校
 平塚江南高校  横浜平沼高校
 ・埼玉県立高校(10校)
 浦和高校  大宮高校  浦和第一女子高校  さいたま市立浦和高校
 川越高校  川越女子高校  所沢北高校  不動岡高校
 熊谷高校  熊谷女子高校
 ・千葉県立高校(6校)
 千葉高校  船橋高校  東葛飾高校  千葉東高校
 薬円台高校  長生高校
 ・茨城県立高校(4校)
 水戸第一高校  土浦第一高校  水戸第二高校  土浦第二高校
 ・静岡県立高校(4校)
 浜松北高校  富士高校  清水東高校  静岡高校
 ・東北3県 県立高校(7校)
 <福島県> 福島高校  安積高校  
 <宮城県> 仙台第一高校  仙台第二高校  宮城第一高校
 <岩手県> 盛岡第一高校  盛岡第三高校
 ・九州3県 県立高校(9校)
 <福岡県> 修猷館高校  明善高校  筑紫丘高校  福岡高校
 <熊本県> 熊本高校  済々黌高校  第二高校
 <大分県> 大分上野丘高校  大分舞鶴高校


当財団指定大学は、国・公立大学及び早稲田大学、慶応義塾大学。(学部は医学部、理工学部、法学部、商学部への志望者を優先します)

◆主な指定大学一覧
 〈主な国立大学〉
 北海道大学  小樽商科大学  旭川医科大学  弘前大学  東北大学
 秋田大学  山形大学  筑波大学  群馬大学  埼玉大学  千葉大学
 東京大学  東京医科歯科大学  東京工業大学  お茶の水女子大学
 電気通信大学  一橋大学  横浜国立大学  新潟大学  山梨大学
 信州大学  富山大学  金沢大学  福井大学  岐阜大学  静岡大学
 浜松医科大学  名古屋大学  名古屋工業大学  三重大学
 滋賀医科大学  京都大学  大阪大学  神戸大学  鳥取大学
 島根大学  岡山大学  広島大学  山口大学  徳島大学  香川大学
 愛媛大学  高知大学  九州大学  佐賀大学  長崎大学  熊本大学
 大分大学  宮崎大学  鹿児島大学  琉球大学
 〈主な公立大学〉
 札幌医科大学  福島県立医科大学  首都大学東京  横浜市立大学
 名古屋市立大学  和歌山県立医科大学  大阪市立大学
 京都府立医科大学 奈良県立医科大学

 その他の国公立大学も可とします。

 〈私立大学〉
 早稲田大学  慶応義塾大学


高校給付奨学金 高校給付奨学金につきましては、創立者青井忠治氏の母校である「富山県立高岡工芸高校」を対象に、新入学生の中から、経済的理由等により修学が困難な優秀な学生を対象に、学校長の推薦により1名を選考し、高校3年間月額20,000円の奨学金を給付しています。
また、2015(平成27)年度からは、高校給付奨学金の拡充を目指し、高校2年3学期から高校卒業まで月額20,000円の奨学金を給付する「新高校給付奨学金制度」を導入しました。
この新制度で高校奨学生に採用された場合、当財団の大学奨学生(高校3年時予約・給付型)に応募できる権利も付与されます。そのため、大学奨学生にも選考された場合、最長7年以上に渡り奨学金の給付が受けられます。
この新制度に基づき2015(平成27)年度に、第1期生として6名を採用しました。 [Aoi Exchange Program」奨学金 理事長青井忠雄が英国ケンブリッジ大学に「青井パビリオン」を寄贈するなど、ケンブリッジ大学東洋学部との深い縁を機に、日本と英国で現代日本・アジア研究を進めている研究員(大学院生・大学生含む)の研究交流を深めるための短期交換留学プログラムが慶応義塾大学、京都大学及びケンブリッジ大学間で進められております。当財団としましては、このプログラムに対する経済的支援(奨学金給付)を行い、日英交流及びグローバル時代に有為な人材育成の一環としまして支援を行っています。
2014(平成26)年10月に、まず慶応義塾大学、ケンブリッジ大学及び当財団の間で「覚書」を締結し、「Aoi Global Research Award」(青井交換留学奨学金賞)をスタートさせ、同11月に第1期奨学生として3名の大学院生に授与しました。
続いて2015(平成27)年度には、京都大学、ケンブリッジ大学及び当財団の間で同様の「覚書」を締結しました。
奨学金給付事業